ゆるいセミリタイア生活

低資産でも自分にとってゆるくセミリタイア生活を続ける方法を考えていくブログ

MENU

災害対策で車中泊する時に最低限あると便利なグッズ 

f:id:yuruhirolife:20200605004841j:plain

近年地震、台風、豪雨などで避難勧告がでることや

家の倒壊、浸水などで家にいることができなくなってしまう。

ということが増えてきました。

そんなときに避難場所として使うことができる車。

もし車に避難して数日車中泊することになった場合に

あると便利で邪魔にならないグッズを紹介しようと思います。

 

コロナウイルスで避難所が使えない可能性がある

今までであれば自宅にいれなくなり避難するとしたら

地域の避難所などに行くことが一番だと思います。

しかし2020年の現在はコロナウイルスが流行っているため

避難所がかえってウイルスの感染場所になる可能性がでているようです。

また3密を避けるために収容人数を減らす等の対策が検討されていると

ニュースでやっていました。

そのため、もしものためにも車中泊をできる準備を

しておくといいかもしれません。

 

まずは「水や非常食」

車中泊するにしても水と食料は必須です。

特に水は断水になってしまった場合には飲む以外にも

歯磨きや洗顔などで使うので多めに用意しておいたほうが

いいです。

 


[2CS] 志布志の自然水 非常災害備蓄用 (2L PET×6本)×2箱 (5年保存水)

 車内の明かり

車内は夜になると暗くなりルームランプをずっと

使用しているとバッテリーが上がってしまう恐れがあるため

LEDランタンがあるととても便利です。

 


BRISIE LEDランタン 暖色 電球色 USB充電式 モバイルバッテリー IP65 防水&防塵 5つ調光モード マグネット式 アウトドア&防災用品 【196ルーメン/連続点灯50時間】

自分でも使用しているのですが充電式で連続50時間ほど点灯できるので

暗くなってから寝るまでの間であれば数日から1週間はもちます。

磁石とフックがあるので使いやすいです。

また明るさも調整できるので便利です。

これ1つで十分な明るさになります。

 

プライバシー対策

車の中に長時間いることが増えるのですが

外から車内が見えてしまうのは女性は特に危険なので

なるべく見えないようにした方がいいです。

普段からカーテンをつけている方ならいいですが

 つけてないかたも多いと思います。

家にある洗濯ヒモでタオルなどの衣類をさげて目隠しするのが

おすすめです。

またマグネットでかんたんに装着できるカーテンが

あるのでこれなら遮光性もあります。

これは普段から日よけなどに使えます。


セイワ(SEIWA) 車用 カーテン 楽らくマグネットカーテン 遮光生地 Lサイズ Z87 磁石貼付 日よけ プライバシー保護 直射日光 紫外線対策 取付簡単

 

断水等のトイレ問題

もしも断水になってしまいトイレが使えない。

そんな状況になってしまう可能性もあります。

そんなときは携帯トイレのようなものがあると助かります。

 


トイレマン 非常用 簡易トイレ 凝固剤 汚物袋付 50回分 【日本製 10年保存】 防災 災害 緊急

災害以外でもキャンプや高速で渋滞につかまってどうしても…

のような場合でも使えるのであると安心感があると思います。

 

 

カセットコンロ

持ち運びで火を使うにはカセットコンロが一番ですね!

ただ車内で火を使う場合は換気をよくして

火が燃え移りそうなものは近くにおかないようにしてください。

できるだけ外で使うようにした方がいいです。

 


イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

 

 寝具はなるべく普段から使えるものを

掛け布団は普段から使っているものを使用すれば

問題ないと思いますがマットレスなどの方が多いと

思いますのでさすがに車に運べないと思います。

 

最近は後部座席をフラットにできる車種が増えてきているので

下記のような小さく収納できるマットレスなどが便利です。

 


アイリスプラザ 車中泊 防災グッズ マットレス コンパクト レジャー 災害グッズ 丸めて 寝袋 高反発 × 低反発 厚4cm 長180cm ブラウン

このようなタイプであれば部屋で長座布団にもできて

他人が急に泊まるときなどにも使えると思います 。

 

運転席を倒して寝る場合はスペースクッションなどがあると

多少は段差が気にならなくなると思います。

 

 


Levolva<レヴォルヴァ> 車中泊マット スペースクッション シートフラットクッション100 段差解消100mm LVFC-2

 

 あとは自宅にあるタオルやクッションを駆使するして

段差をなるべく減らせると寝やすくなると思います。

 

まとめ

最低限あると便利なものを紹介してみました。

防災といってもどこまで準備していいか悩むところです。

今回は準備万全にするというよりは

できるだけふだんから使えそうなもので

応急的に車中泊するスタイルでした。

 

できれば災害が起きないことを祈っています。