ゆるひろライフ

27歳で退職決定!投資やお小遣い稼ぎしながらゆるく生きていきます。

なるべく働きたくない人のためのお金の話 感想

こんにちは。ゆるひろです!

 

大原扁理さんの新刊

「なるべく働きたくない人のためのお金の話」の感想です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なるべく働きたくない人のためのお金の話 [ 大原扁理 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/7/23時点)


 

 

大原扁理さんはぼくがセミリタイアを調べてる時に「20代で隠居生活」を読んで、こんな生活もありだなと思いそれからファンになりました!

 

この本はお金稼ぎのテクニックなどを紹介しているわけではなく、お金に対する不安との向き合い方、お金とのつきあい方がメインになっている感じです!

 

大原扁理さんとはだれ?って方へ本の内容からざっと抜粋です!

 

・東京の家賃2.8万円の激安アパートで隠居生活をスタート

・年収は90万円くらい

・自炊で食費は1日300円

・服は衣装ケースに入るだけ

・携帯必要ない(現在は仕事のため持ったりしてます)

・冷暖房は使わない

・徒歩と自転車圏内で生活する

・仕事は介護を週2回、たまに臨時バイト

・現在は台湾で隠居生活

 

これだけみると食費とか冷暖房使わないなどしんどいんじゃないかな?と思うけど

それぞれに扁理さんの考え方や楽しみ方についても詳しく書かれています!

 

この本を読んで「自分にとっての幸せってなんだろう?」

をしっかりと考えて自分に必要なお金だったり生活スタイルを作っていきたいなと思いました!

 

「やりたいことをやる」のが大事か「やりたくないことをしない」のどちらが大切かっていうのもすごく考えさせられました!

 

やりたいことをやれ!が流行っていますが、

猛烈にやりたいことがないって方もたくさんいると思うし(ぼくもそうです)

そんな方はやりたくないことを「しない」っていうのを目標にすればいいのかと思います。

 

そのためにも自分には毎月どのくらいお金が必要なのかを把握してその必要分だけ稼げればいいやって考えると

ぼくの場合ここ何年かでそこまでお金使わなくても楽しくほどほどにゆるく暮らせることがわかってきたので週5日も働かなくていいなって思います!

 

扁理さんは貯金があったわけでもなかったにも関わらず年収90万円生活をしていたのはすごいなって思います。

 

ぼくはビビりなのである程度お金はためるのでやめたくなったら隠居しようと思っています。

 

本にもありましたが

仮に「やっぱりお金もっと必要だ!」って

思ったとしたらその時はまた多めに働いたりすればいいのかなって思います。

そんな繰り返しでゆるくいきたいです。

 

この本は読めば人生が軽くなるというか、生きるハードルが下がるような気がしますので仕事したくないよー(><)って方は読んでみるといいかなって思います!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村